貧者を愛する者 : 古代末期におけるキリスト教的慈善の誕生

ピーター・ブラウン 著 ; 戸田聡 訳

今日もキリスト教社会で高く評価される美徳の一つ「貧者への愛」。それは紀元4‐5世紀に誕生し、キリスト教会を中心とする新しい社会システムを創成する新機軸となった。ローマ帝国のキリスト教受容という出来事を、古代末期研究の泰斗、ピーター・ブラウンが独自の視点で読み解く。メナヘム・スターン記念エルサレム歴史講演の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「貧者を愛する者」-一つの公的な徳目の創造(「都市を愛する者」から「貧者を愛する者」へ
  • 「受けるよりも与えるほうが幸いだ」-パウロからコンスタンティヌスまで
  • コンスタンティヌス以後-特権と救貧)
  • 第2章 「貧者を治める者」-司教とその都市(預言するより施与せよ
  • 「貧者」の定義をめぐる問題
  • 二極分化のイメージ ほか)
  • 第3章 「謙譲」-東方帝国における貧困と連帯(キリスト教的慈善の変化-社会的想像力における変化
  • 古代末期における人口学的危機の欠如
  • エヴェルジェティスムのキリスト教化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貧者を愛する者 : 古代末期におけるキリスト教的慈善の誕生
著作者等 Brown, Peter
Brown, Peter Robert Lamont
戸田 聡
ブラウン ピーター
書名ヨミ ヒンジャ オ アイスル モノ : コダイ マッキ ニ オケル キリストキョウテキ ジゼン ノ タンジョウ
書名別名 POVERTY AND LEADERSHIP IN THE LATER ROMAN EMPIRE
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 284,12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1932-0
NCID BB08859423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想