法学民法  4

平井 一雄;太矢 一彦【著】

[目次]

  • 第1部 判例の理解のために(わが国の裁判所の構成
  • 判決書の構成
  • 判例が営む社会的機能
  • 判例と学説の関係
  • 判例集)
  • 第2部 判例解説(虚偽の登記を信頼した者の保護(94条2項の類推適用)-最判昭和45年6月2日民集24巻6号465頁
  • 詐欺取消と第三者保護-大判昭和17年9月30日民集21巻911頁
  • 夫婦の一方がした行為と表見代理(法定代理と表見代理)-最判昭和44年12月18日民集23巻12号2476頁
  • 白紙委任状等の交付と表見代理-最判昭和45年7月28日民集24巻7号1203頁
  • 無権代理人の本人相続-最判昭和40年6月18日民集19巻4号986頁 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法学民法
著作者等 太矢 一彦
平井 一雄
書名ヨミ ホウガク ミンポウ
書名別名 判例編〈総則・物権〉
シリーズ名 法学編
信山社双書
巻冊次 4
出版元 信山社
刊行年月 2012.3
ページ数 121p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7972-1281-5
NCID BB09074969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
判例編〈総則・物権〉 太矢一彦, 平井一雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想