石川啄木 : 風景と言葉

碓田のぼる 著

時代と社会に切り結んだ啄木最晩年の奇跡の一年を検証。「新しき明日」を熱望した啄木像を新たに彫りおこした没後百年に送る著者渾身の評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思想の風景と言葉(啄木観念哲学の形成と破綻
  • 刻苦する明日への思想)
  • 2 生活の風景と言葉(風景認識の前進
  • 生活の発見と深化 ほか)
  • 3 受容の風景と言葉(『生活と芸術』における生活意識-出発の状況
  • 『呼子と口笛』はどう響いたか ほか)
  • 4 歌の風景と言葉(啄木の三つの歌論-状況と歌人
  • 歌論と二つの歌集-その「いま、ここ」をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石川啄木 : 風景と言葉
著作者等 碓田 のぼる
碓田 登
書名ヨミ イシカワ タクボク : フウケイ ト コトバ
書名別名 Ishikawa takuboku
出版元 光陽出版社
刊行年月 2012.3
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87662-542-0
NCID BB09166954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22180965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想