グローバル化時代の国際法

植木俊哉 編

多次元的な国際社会における法規範の理論と変容から新たな政策的・学問的探求を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 グローバル化時代の法規範の新たな展開(民族紛争後の国家再建における多民族共生と国際法-ボスニア憲法裁判所および欧州人権裁判所の裁判例を中心として
  • 武力紛争における子どもの保護-子ども兵士に関する戦争犯罪について
  • 国際事件に対する日本独禁法の適用・執行-ブラウン管事件を素材として)
  • 第2部 国際法理論の深化と発展(国際法における「断片化」概念の多様性に関する一考察-「断片化」概念の現状とその問題点
  • 国際法における「災害」の概念に関する序論的考察-国連国際法委員会の作業を中心に)
  • 第3部 国際紛争の平和的解決の諸相(国際司法裁判所の職権による鑑定人召喚に関する一考察
  • 投資条約仲裁手続による国家行為の条約適合性判断)
  • 第4部 グローバル化時代の国際法の基本構造(国際責任法の新たな展開-国際組織の責任に関する法典化作業とその理論的意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化時代の国際法
著作者等 植木 俊哉
書名ヨミ グローバルカ ジダイ ノ コクサイホウ
シリーズ名 国際関係 11
総合叢書 11
出版元 信山社
刊行年月 2012.3
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5461-7
NCID BB08969250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想