獄中記 = Goku Chu Ki

大杉栄 著

1906(明治39)年-、東京外語大を出て8カ月で入獄するや、看守の目をかすめて、エスペラント語にのめりこむ。英・仏・エス語から独・伊・露・西語へ進み、「一犯一語」とうそぶく。生物学と人類学の大体に通じて、一個の大杉社会学を志す。出歯亀君、野口男三郎君ら獄友と交際する好奇心満足主義。牢格子を女郎屋に見立て、看守の袖をひく堺利彦は売文社以前。「おい、秋水!」という大杉に気づかず、歩み去る逆徒・幸徳。21歳の初陣から、大逆事件の26歳まで-、自分の頭の最初からの改造を企てる人間製作の手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 市ヶ谷の巻(前科割り
  • 僕の前科 ほか)
  • 巣鴨の巻(ちょいと眼鏡の旦那
  • 旧友に会う ほか)
  • 千葉の巻(うんと鰯が食えるぜ
  • 下駄の緒の芯造り ほか)
  • 続獄中記(畜生恋
  • 女の脛の白きを見て ほか)
  • 獄中消息(市ヶ谷から
  • 巣鴨から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 獄中記 = Goku Chu Ki
著作者等 大杉 栄
大杉 豊
書名ヨミ ゴクチュウキ
書名別名 Goku Chu Ki
出版元 土曜社
刊行年月 2012.4
ページ数 215, 6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-9905587-2-7
NCID BB08783106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想