コミュニケーションは、要らない

押井守 著

ただ気分を吐き出すためだけの言葉をネット上に書き散らし、真偽の不確かな情報に右往左往し、目的もなく自分のフォロワーを増やそうとする。そんなものは、コミュニケーションではない。高度成長期以降、日本人は「現状維持」のために協調性ばかり重んじて、本質的な問題について真剣に「議論」することを避け続けてきた。そのツケが今、原発問題を筆頭とする社会のひずみとして表面化しているのだ。我々はなぜ人と繋がろうとするのか。真のコミュニケーションとは何か。世界が認める巨匠が初めて語る、目から鱗の日本人論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コミュニケーションのできない日本人
  • 第2章 僕は原発推進派である
  • 第3章 曖昧な言葉が生む無責任な世界
  • 第4章 日本はまだ近代国家ではない
  • 第5章 終わりなき日常は終わらない
  • 第6章 自分の頭で考える-本質論の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションは、要らない
著作者等 押井 守
書名ヨミ コミュニケーション ワ イラナイ
シリーズ名 幻冬舎新書 254
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.3
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98255-0
NCID BB08988878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22440358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想