パウロは緑内障だった

山科俊子 著

眼科医が診断する。パウロは緑内障だった!眼科学的に論証を試みた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パウロは緑内障だった
  • 2 三浦綾子・光世御夫妻との出会い
  • 3 馬場牧師との出会い
  • 4 奇跡
  • 5 ふたつの「網」
  • 6 オルレアンの少女
  • 7 ネパールの旅-雪に描かれた十字架
  • 8 「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい」。
  • 9 「神の業がこの人に現れるためである。」
  • 10 友人の死に関わって
  • 11 バプテスマのヨハネとイエス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パウロは緑内障だった
著作者等 山科 俊子
書名ヨミ パウロ ワ リョクナイショウ ダッタ
書名別名 Pauro wa ryokunaisho datta
出版元 燦葉出版社
刊行年月 2012.3
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87925-105-3
NCID BB09579466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想