近世日本とルソン : 「鎖国」形成史再考

清水有子 著

近世初期、植民地ルソンから日本をめざすスペインと草創期の江戸幕府の対応。研究史上等閑視されてきた両者の関係に着目し、未公刊の教会文書をはじめ膨大な内外史料を駆使して丹念に経緯を跡づけ、近年の「鎖国」研究に見直しを迫る注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東アジア世界におけるスペイン(イベリア両国の共生・協和-ヴィリャロボス艦隊の事例から
  • ルソン総督府の対日外交方針-一七世紀初頭日本関係文書の検討
  • 日本宣教拠点ルソンの成立)
  • 第2部 日本‐ルソン交流の展開(豊臣政権のルソン外交-小琉球宛朱印状の検討
  • ルソン貿易におけるキリシタン宣教師の役割)
  • 第3部 「鎖国」の形成と成立(元和九年海外交渉制限令の発令
  • 日本・スペイン断交の再検討
  • イエズス会巡察師アントニオ・ルビノ一行の日本密入国事件)
  • ルソン交流と「鎖国」の形成
  • 付録 翻刻・翻訳史料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日本とルソン : 「鎖国」形成史再考
著作者等 清水 有子
書名ヨミ キンセイ ニホン ト ルソン : サコク ケイセイシ サイコウ
出版元 東京堂
刊行年月 2012.3
ページ数 404p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-490-20766-8
NCID BB08922789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22169861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想