文化遺産の眠る海 : 水中考古学入門

岩淵聡文 著

いま世界が注目する水中文化遺産。海洋戦略、文化政策はもとより、外交交渉のカードとしても使われ始めている。その背景には、ダイビング技術の普及や海洋工学機器の急速な技術革新による、水中考古学研究の著しい進展がある。その一方で、世界統一基準のもとでの保全管理も火急の課題として浮かび上がってきている。考古学、人類学、歴史学、地理学、法学、化学など多岐にわたる学際的な研究分野ともいえる水中考古学の最新動向の紹介を通して、今なぜ水中文化遺産が重要か、その本質を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 水中文化遺産と水中考古学(水中文化遺産
  • 人間の遺骸は残らない ほか)
  • 第2章 水中文化遺産は誰のもの?(自由の時代
  • 各国独自の取り組み ほか)
  • 第3章 水中考古学の方法(水中文化遺産の同定
  • 偶然の発見 ほか)
  • 第4章 世界の水中考古学(ヘルメット潜水
  • スクーバ・ダイビングの発明 ほか)
  • 第5章 日本の水中考古学(モースと海事文化遺産
  • 曽根論争 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化遺産の眠る海 : 水中考古学入門
著作者等 岩淵 聡文
書名ヨミ ブンカ イサン ノ ネムル ウミ : スイチュウ コウコガク ニュウモン
書名別名 Bunka isan no nemuru umi
シリーズ名 DOJIN SENSHO 045
Dojin選書 045
出版元 化学同人
刊行年月 2012.3
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1345-6
NCID BB08793813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想