中国・ミャンマー国境地域の仏教実践 : 徳宏タイ族の上座仏教と地域社会

小島敬裕 著

ミクロな地域から見える仏教のダイナミズム。国境をまたいで生きてきた人びとにとって国民国家の枠組みは一つの範疇に過ぎない。民族や宗教の動態を地域社会の文脈から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「境域」空間をなす徳宏(芒市と瑞麗
  • 徳宏タイ族 ほか)
  • 2 徳宏の上座仏教の特徴(上座仏教徒社会の先行研究と課題
  • 少数にとどまる徳宏の出家者 ほか)
  • 3 ホールーによる誦経実践の変容と継続(ホールーの役割
  • 越境するホールー ほか)
  • 4 実践の多様性(出家者との関わり方の相違
  • 戒律実践の多様性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国・ミャンマー国境地域の仏教実践 : 徳宏タイ族の上座仏教と地域社会
著作者等 小島 敬裕
書名ヨミ チュウゴク ミャンマー コッキョウ チイキ ノ ブッキョウ ジッセン : トクコウ タイゾク ノ ジョウザ ブッキョウ ト チイキ シャカイ
シリーズ名 ブックレット《アジアを学ぼう》 24
出版元 風響社
刊行年月 2011.12
ページ数 66p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89489-751-9
NCID BB08753229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想