21世紀国際私法の課題

山内惟介 著

包括的プロセスとして実体法・手続法を再検討。全地球的視野に基づく応用実践学へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドイツ裁判所による国連国際物品売買条約の解釈-最近の動向を中心として
  • 第2章 オーストリア最高裁判所による国連国際物品売買条約の解釈-最近の動向を中心として
  • 第3章 国際労働法の体系的位置付けについて-国際私法の存在意義に関する内省的一考察
  • 第4章 不法就労の外国人に対する損害賠償額の算定方法-裁判例の動向を中心として
  • 第5章 競争法と国際私法との関係について-国際私法による国際的競争行為の規制可能性
  • 第6章 日本企業の国際化と知的財産権-最近の外国裁判例
  • 第7章 国際金融法の現代的課題-国際振込に関する最近の論議
  • 第8章 国際金融証券市場への法的アプローチ-最近の社会事象を中心として
  • 第9章 書評等

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀国際私法の課題
著作者等 山内 惟介
書名ヨミ 21セイキ コクサイ シホウ ノ カダイ
書名別名 21seiki kokusai shiho no kadai
シリーズ名 国際私法 77
学術選書 77
出版元 信山社
刊行年月 2012.3
ページ数 359p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5877-6
NCID BB08788427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想