魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場

秋田 禎信【著】

「戦術騎士団」の崩壊から数日後。オーフェンは指揮官としての責任を問われ、市議会により拘束されていた。そして、騎士団と魔術学校の運営を託されたマジクたちは、それぞれの立場から秩序維持のために動き始める。一方、マヨールは妹であるベイジットを追うために、「キエサルヒマ魔術士同盟」を離反し、原大陸を放浪する。辿り着いたのは魔術士のいない開拓地。「ヴァンパイア」たちが統治する村だった。すべてが混沌とし事態も収拾されぬまま、「反魔術士勢力」を支援するために一隻の船が入港する。「ガンズ・オブ・リベラル」。解放と自由を歌うその船は、魔術士にとっての脅威を詰め込んだ装甲船だった。原大陸の覇権をめぐる抗争は三つ巴の様相を呈し、新たな戦火は各地へと広がっていく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場
著作者等 秋田 禎信
書名ヨミ マジュツシオーフェンハグレタビカイホウシャノセンジョウ
出版元 TOブックス
刊行年月 2012.3.31
版表示 初回限定版
ページ数 391p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-904376-98-0
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
と、魔王は考える 秋田 禎信
解放者の戦場 秋田 禎信
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想