なぜ戒名を自分でつけてもいいのか : ブッダの教えから戒名を考える

橋爪大三郎 著

ブッダの教えに、「戒名」はありません。ゆえに、戒名は、仏教の本質とは何の関係もありません。それなのに、なぜ日本人は、高額な費用を払って戒名をつけるのでしょうか?本書では、戒名に関するさまざまな疑問を解き明かしながら、「どうしても戒名が欲しいひとは、自分でつければいい」と提案します。しかも、生きているうちに自分で戒名をつける「生前戒名」は、「本来の仏教の教えに近い戒名のつけ方」とも言えるのです。戒名を自分でつけるための基礎知識を宗派別にまとめた「戒名事典」付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 仏教とはなにか(釈尊の教え
  • 日本人は仏教をどう受け入れてきたか
  • お葬式と仏教)
  • 第2部 戒名はなくていい-戒名と日本人の関係(戒名のはじまり
  • なぜ戒名をつけるのか
  • 戒名をつける
  • 自由戒名のすすめ)
  • 第3部 戒名Q&A
  • 付録 戒名事典-宗派別「図解」戒名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ戒名を自分でつけてもいいのか : ブッダの教えから戒名を考える
著作者等 橋爪 大三郎
書名ヨミ ナゼ カイミョウ オ ジブン デ ツケテモ イイノカ : ブッダ ノ オシエ カラ カイミョウ オ カンガエル
シリーズ名 サンガ新書 051
出版元 さんが
刊行年月 2012.4
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-904507-91-9
NCID BB09072522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22163992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想