生きてるだけでなぜ悪い?

中島義道, 香山リカ [著]

「人生で本当に必要なこと」は何なのか。世間の常識に逆らう哲学者と、臨床を通じて現代の社会問題を探る精神科医が、「結婚」「就職」「お金」「常識」「生きがい」「人間関係」をテーマに論じあう。生きにくさを感じている人々に、「甘えを蹴飛ばし、自己幻想を引き破り、しっかり自分を見よ」と励ます。他人を恐れ、仕事を恐れ、結婚を恐れ、失敗を恐れ、最初の第一歩が踏み出せない人たちに送る、辛口ながらも愛のあるエール。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 結婚なんかしなくていい!
  • 第2章 就職なんかしなくていい!
  • 第3章 金持ちなんかにならなくていい!
  • 第4章 常識なんかなくてもいい!
  • 第5章 生きがいなんかなくていい!
  • 第6章 人間関係に悩まなくていい!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きてるだけでなぜ悪い?
著作者等 中島 義道
香山 リカ
書名ヨミ イキテル ダケデ ナゼ ワルイ : テツガクシャ ト セイシンカイ ガ ススメル シアワセ ノ ショホウセン
書名別名 哲学者と精神科医がすすめる幸せの処方箋

Ikiteru dakede naze warui
シリーズ名 講談社+α文庫 G174・2
出版元 講談社
刊行年月 2012.3
ページ数 243p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-281467-6
NCID BB10776351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22492007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想