震災と治安秩序構想 : 大正デモクラシー期の「善導」主義をめぐって

宮地忠彦 著

関東大震災下の朝鮮人「虐殺」、警察当局は自警団の暴走をなぜ阻止できなかったのか。民衆との協調に基づく警察改革を掲げ、大正デモクラシー期の「学士官僚」が推進した「善導」主義という名の治安秩序構想の論理と実態を、震災下の「朝鮮人問題」への対応の検証を通して明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 課題と視角
  • 第1章 警察における「善導」主義的政策の形成と展開(「学士」警察官僚の誕生と「善導」主義的政策の原型の形成
  • 群衆の登場と警察行政の転換
  • 司法部との治安維持方針の対立と「善導」主義的政策の原型の形成
  • 「善導」主義の実施を促した内部的要因
  • 「警察の民衆化、民衆の警察化」政策の実態
  • 大正期「善導」主義の論理
  • 小結)
  • 第2章 震災前の日本社会の「朝鮮人問題」と警察(警察の内地在留朝鮮人に対する「善導」主義的政策の形成と展開
  • 「併合」以後の朝鮮人労働者の増加と日本社会
  • 新聞記事における朝鮮人の描かれ方
  • 小結)
  • 第3章 震災下の「善導」主義的政策と「朝鮮人問題」(震災下の警察による「朝鮮人問題」対策
  • 震災下の戒厳体制と陸軍による治安維持
  • 司法省による「厳罰」主義的な「朝鮮人問題」対策
  • 東京府下の治安維持政策と「善導」主義
  • 神奈川県下の治安維持政策と「善導」主義
  • 埼玉・群馬・千葉等の震災下の治安維持政策と「善導」主義
  • 「朝鮮人問題」の善後策をめぐる関係官庁の協調と対立
  • 震災下の警察による治安維持政策の批判と「善導」主義)
  • 第4章 ポスト震災期の警察による「善導」主義の変容(治安維持令から治安維持法へ
  • 治安維持法制定と内務省内「厳罰」主義派の台頭
  • 震災以後の「善導」主義の連続と不連続)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 震災と治安秩序構想 : 大正デモクラシー期の「善導」主義をめぐって
著作者等 宮地 忠彦
書名ヨミ シンサイ ト チアン チツジョ コウソウ : タイショウ デモクラシーキ ノ ゼンドウ シュギ オ メグッテ
書名別名 Shinsai to chian chitsujo koso
出版元 クレイン
刊行年月 2012.3
ページ数 351, 24p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-906681-36-5
NCID BB08753433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想