実践医療法 : 医療の法システム

山口悟 著

平成19年度から施行された「新医療法」は、医療技術の進歩と高齢化に伴って、医療費の膨大な額に上る保健財政のひっ迫など医療福祉も限界にきている。現行医療制度の理解なしには語れない。医療法を中心に医師法・個人情報保護法・民刑法に及ぶ、複雑・多岐にわたっている医療関係法の体系的解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 医療の法システム総論
  • 第2部 医療法の重要な課題(医療情報の保護と利用
  • 医療の安全の確保)
  • 第3部 患者中心の医療-医療行為法(患者と医師の法律関係
  • 医師の義務と患者の義務)
  • 第4部 医療提供体制(病院と診療所に対する規律
  • 医療計画)
  • 第5部 医療法人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践医療法 : 医療の法システム
著作者等 山口 悟
書名ヨミ ジッセン イリョウホウ : イリョウ ノ ホウ システム
シリーズ名 医療法
実践講座
出版元 信山社
刊行年月 2012.2
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-3631-6
NCID BB08678291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想