集団パラダイムにおける昔話の意味世界と心理機能 : バートレットからレヴィン、そしてモレノへ

廣瀬清人 著

認知心理学から社会心理学・集団心理療法へ。昔話成立の要素を手がかりに、語り手と聞き手の間に生れる社会的状況から判明する記憶と想起への新たな方向性を示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 研究編(心理学から昔話研究への限定的影響
  • 本研究の枠組み-定義、情報提供者および構成
  • Bartlettの研究パラダイムの検討
  • 反復再生法を用いたBartlettの研究パラダイムからの出発 ほか)
  • 2 資料編(幽霊の戦い-"Remembering"収録
  • 葛の葉子別れ・第二段-1979年1月/2002年11月
  • 葛の葉子別れ・第一段-1954年/1974年
  • 葛の葉子別れ・第二段-同上 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集団パラダイムにおける昔話の意味世界と心理機能 : バートレットからレヴィン、そしてモレノへ
著作者等 広瀬 清人
廣瀬 清人
書名ヨミ シュウダン パラダイム ニ オケル ムカシバナシ ノ イミ セカイ ト シンリ キノウ : バートレット カラ レヴィン ソシテ モレノ エ
出版元 三弥井書店
刊行年月 2012.2
ページ数 342p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8382-3224-6
NCID BB08982714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想