新教材・伝統的な言語文化をどう授業化するか

日本言語技術教育学会【編】

第1部で、新教材・伝統的な言語文化をどう授業化していけばよいのか。付けたい力とそこで貫く言語活動の明確な位置づけを識者が示す。第2部では第21回大会の授業提案をもとに教材選択の目、授業づくりの方法などを詳述。他に言語技術とはの論述あり。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 提案 新教材・伝統的な言語文化をどう授業化するか(三つの提案-論理的文章の評価方法、古文の朗読、学習指導案の現代化
  • 近代文学の古典的作品にも目をつける
  • 伝統的な言語文化「序破急」を学ぶ
  • 新国語科授業論と「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」-何のために・何を・どのように授業化するのか ほか)
  • 第2部 提案授業と大会テーマ解明への提言等(授業者による大会テーマの解明と授業提案
  • 大会テーマを深める授業力・言語技術とは)
  • 第3部 第二〇回大会の報告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新教材・伝統的な言語文化をどう授業化するか
著作者等 日本言語技術教育学会
書名ヨミ シンキョウザイデントウテキナゲンゴブンカヲドウジュギョウカスルカ
シリーズ名 言語技術教育 21
出版元 明治図書出版
刊行年月 2012.3
ページ数 142p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-18-018739-3
NCID BB08813830
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想