死んでも生き続ける。

緒方昭一 著

あの子ども達と出会った時から問い続けている。人は、死んだらそこで「無」になるのだろうか。-養護学校分校に教師として赴任した著者は、そこで、日々死を予感しながら生きる筋ジストロフィーの子ども達と出会い、「死」を語ることを忌避する病院側の要請に戸惑いながら、それでも学ぶ意味、生きる意味を子ども、親、教師達と共に考える。それから30年近くが過ぎた今、もう一度自らに問いかけ、読者に問いかける。「死」そして「生きる」意味について共に考える10章。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 自分の死について考えていますか。
  • 2章 宗教をどのように受け止めていますか。
  • 3章 死を知るために、生について考えてみませんか。
  • 4章 自分の生き方について、もっと考えてみませんか。
  • 5章 本当の幸福はどこにありますか。
  • 6章 人の心に生き続けるということ。
  • 7章 命のバトンを渡してください。
  • 8章 死を予期して生きることができますか。
  • 9章 「死が間近に迫った人や高齢者に何ができますか。」
  • 10章 最後の時をどう支えますか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死んでも生き続ける。
著作者等 緒方 昭一
書名ヨミ シンデモ イキツズケル : キンジストロフィー ノ コドモタチ ニ マナンデ
書名別名 筋ジストロフィーの子ども達に学んで
出版元 木星舎
刊行年月 2012.1
ページ数 131p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-901483-48-3
NCID BB09169952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22606983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想