オーロラの伝説

ジョージ北峰 著

ある学会に参加していた主人公が、連れて行かれた国、ラムダ国とは?そこで彼が見たものとは?科学文明が進んでいくことは、今後の人類や地球全体の未来にとって、はたしてプラスになるのであろうか?著者は「人間の欲望の限りない増大が、科学の進歩と相俟って、必然的に人類の滅亡を招くと予言!?」しているのか、人類にとって進むべき未来を考えさせられる本である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーロラの伝説
著作者等 ジョージ北峰
書名ヨミ オーロラ ノ デンセツ : ジンルイ メツボウ ノ レクイエム
書名別名 人類滅亡のレクイエム

Orora no densetsu
出版元 文芸書房
刊行年月 2012.1
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89477-392-9
全国書誌番号
22503577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想