死の欲動とモダニズム : イギリス戦間期の文学と精神分析

遠藤不比人 著

第一次大戦後、精神分析の理論的な言説が破綻していくプロセスの中に、同時代のイギリス・モダニズム文学が共有したテクスト性を読み解く。フロイトやメラニー・クラインによって提言された"死の欲動"という矛盾に満ちた概念が、T.S.エリオット、ヴァージニア・ウルフ、キャサリン・マンスフィールド、メイ・シンクレアらのラディカルな文学言語に反復することを明らかにする。「文学」と「精神文学」という学問的領域を撹乱する画期的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 破綻あるいは失敗の美学/倫理-イギリス・モダニズム文学と精神分析
  • 第1部 ヴァージニア・ウルフ/歴史(欲動の美学化とその不満-『ダロウェイ夫人』と「快感原則の彼岸」
  • ラディカルな「内部」としての「外部」-『灯台へ』とメラニー・クライン)
  • 第2部 ブルームズベリー/クライン/フロイト(「母」を巡るメタ心理学-ブルームズベリー、クライン、モダニズム
  • リットン・ストレイチーのクイア的自己成型-『エリザベスとエセックス』)
  • 第3部 戦争/文学/メタ心理学(不在の戦争、あるいは享楽の反復-キャサリン・マンスフィールド「至福」
  • 心に開いた生の傷-メイ・シンクレアの『ロマンティック』を読む
  • 共同体とエロス、あるいは死の欲動の美学化-ウィリアムズ、エンプソン、フロイトの交錯点)
  • ラディカル・クライン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の欲動とモダニズム : イギリス戦間期の文学と精神分析
著作者等 遠藤 不比人
書名ヨミ シ ノ ヨクドウ ト モダニズム : イギリス センカンキ ノ ブンガク ト セイシン ブンセキ
書名別名 Shi no yokudo to modanizumu
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.2
ページ数 273, 19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1911-5
NCID BB08505282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想