天国の青い蝶を求めて

山下裕子 著

著者の27歳になる長男が、ある日突然「肺がん」を宣告される。病期は3B。手術による切除は不可能で、抗がん剤投与と放射線治療の併用治療しかないという。その放射線治療の過程で、副作用から間質性肺炎を発症。医師からは「余命1カ月」という無情な宣告を受ける。一縷の望みを託し、怪しげな気功や健康食品、サプリメントなどに大金をつぎ込むが、がん告知からわずか7カ月の闘病ののちに息子は逝ってしまう…。家族との絆、病との向き合い方、そして患者を"置き去り"にした医師・病院側の医療体制について、改めて考えさせられる闘病記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 告知
  • 第2章 治療の日々
  • 第3章 間質性肺炎の発症
  • 第4章 間質性肺炎の悪化と再入院
  • 第5章 がん専門病院への転院
  • 第6章 永遠の別れ
  • 第7章 再生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天国の青い蝶を求めて
著作者等 山下 裕子
書名ヨミ テンゴク ノ アオイ チョウ オ モトメテ
書名別名 Tengoku no aoi cho o motomete
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2012.2
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7790-0788-0
NCID BB09038036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想