歌の起源を探る歌垣

岡部隆志, 手塚恵子, 真下厚 編

古代日本のラブソングの起源、歌垣。現在も歌を掛けあう文化が残る奄美・沖縄、西南中国の少数民族。実際に歌い交わされた生きた資料から歌はどのように掛けあわされるのか、どのように生み出されるのか、日本古代の歌垣文化に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 『歌の起源を探る 歌垣』への招待
  • 「歌垣」への招待(日本の歌掛け文化
  • アジアの歌掛け文化)
  • 日本の歌掛け文化(日本古代の歌垣-「歌垣」「歌場」「〓歌(かがい)」とその歌
  • 万葉贈答歌の世界
  • 田植歌の掛け合い-中国地方の田植本に見る
  • 柴折薬師の「男女問答」-土佐の歌掛け伝承の一環として
  • 奄美の歌掛け
  • 沖縄の「手踊りエイサー」にみる掛け歌の諸相-歌唱形式を手がかりに)
  • アジアの歌掛け文化(中国漢族の掛け歌-掛け歌における勝ち負けの諸相
  • 中国少数民族の掛け歌-チワン族・うたは誰に向かって歌いかけられるのか
  • 中国少数民族の掛け歌-ぺー族
  • 中国少数民族の歌掛け-モソ人 共同体の物語と心の物語のあいだ
  • ロシアにおける歌の掛け合い-普遍性と特徴)
  • 「歌垣」の伝承資料(奄美の歌掛け
  • 中国漢族の掛け歌
  • 中国ミャオ族の掛け歌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌の起源を探る歌垣
著作者等 岡部 隆志
手塚 恵子
真下 厚
書名ヨミ ウタ ノ キゲン オ サグル ウタガキ
シリーズ名 伝承文学比較双書
出版元 三弥井書店
刊行年月 2011.12
ページ数 310p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8382-3215-4
NCID BB0811325X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想