読めなくても、書けなくても、勉強したい : ディスレクシアのオレなりの読み書き

井上智, 井上賞子 著

43歳で、著者は「ディスレクシア」だったと知りました。この本は、「読み書きができない」著者が、妻の助けをかりながら、一生懸命書いたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「ディスレクシア」の自分が、どうやって、この本を書いたか
  • 第1部 読み書きができないオレは、どうやって生きてきたか(希望にあふれて入学した小学校なのに…
  • 「あなたは理解してるよ」と教えてくれたS先生
  • 荒れた中学校時代、陸上に出会った
  • 3カ月で逃げ出した高校生活
  • 16歳、飲食店で、建設現場で働く ほか)
  • 第2部 オレなりの読み書きを、どうやって手に入れたか(「読み書きの困難」とは-ある芸人を見て思う
  • 「読み書きの困難」-オレの場合は
  • オレなりの「読み」を、どうやって手に入れたか
  • オレなりの「書く」を、どうやって手に入れたか
  • オレの勉強のやり方で、試験に挑戦 ほか)
  • 終章 家族として、教師として、本人の「叫び」に向き合う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読めなくても、書けなくても、勉強したい : ディスレクシアのオレなりの読み書き
著作者等 井上 智
井上 賞子
書名ヨミ ヨメナクテモ カケナクテモ ベンキョウシタイ : ディスレクシア ノ オレナリ ノ ヨミカキ
出版元 ぶどう社
刊行年月 2012.1
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89240-212-8
NCID BB08585532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想