ヨハネの黙示録講解 : 苦難の中にある希望

望月明 著

黙示録の書かれた時代背景や黙示文学の特徴をとらえて、丁寧な解説を施し、危機的状況にある今日の教会に対するメッセージを聞く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時が近づいている
  • 七つの教会へのあいさつ
  • 来たりつつある主
  • 流刑の地で
  • 礼拝の中にいます主
  • 死とハデスの鍵を持つ方
  • 初めの愛に立ち戻れ
  • 死に至るまで忠実であれ
  • 妥協の道を選ぶな
  • ほかの重荷を負わせない〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨハネの黙示録講解 : 苦難の中にある希望
著作者等 望月 明
書名ヨミ ヨハネ ノ モクシロク コウカイ : クナン ノ ナカ ニ アル キボウ
シリーズ名 ヨハネの黙示録
出版元 いのちのことば社
刊行年月 2011.12
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-264-02971-7
NCID BB09072599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想