マジックにだまされるのはなぜか : 「注意」の認知心理学

熊田孝恒 著

誰もが楽しめるエンターテインメント、マジック。マジシャンは、人間の認知機能の盲点をついた巧妙なテクニックによって観客を魅了する。観客がそうとは気づかぬうちに注意を誘導し、ときには行動さえコントロールするのだ。その背後にある人間の認知機能の特性とはいかなるものか。本書では、認知機能のうちでもとくに「注意」の働きに焦点を当てマジックと関連づけながら、人の認知システムの不思議が満載されたステージを披露する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マジックと人間の認知機能
  • 第2章 注意が働かないということ-脳損傷にともなう注意の障害
  • 第3章 注意のスポットライト
  • 第4章 ミスディレクションと注意のコントロール
  • 第5章 視覚探索と注意のスポットライト
  • 第6章 不注意のメカニズム
  • 第7章 変化に対する気づき-シーンの認識と注意、意識
  • 第8章 マジシャンは観客の行動をどうコントロールするか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マジックにだまされるのはなぜか : 「注意」の認知心理学
著作者等 熊田 孝恒
書名ヨミ マジック ニ ダマサレル ノワ ナゼカ : チュウイ ノ ニンチ シンリガク
書名別名 Majikku ni damasareru nowa nazeka
シリーズ名 DOJIN SENSHO 044
Dojin選書 044
出版元 化学同人
刊行年月 2012.1
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1344-9
NCID BB08039237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想