鰊場育ち : 北海道泊村「一網千両」の記憶

葛間寛 著

明治時代には1日に何十トンもの漁獲高をあげ、莫大な富をもたらした鰊漁。だが、1932年の豊漁から60年間、鰊が北海道に春をもたらすことはなかった。鰊漁の終焉を見届けた著者が、そこに暮らした人々の姿を綴った回顧録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鰊場を受け継ぐ
  • 第2章 鰊漁の季節到来
  • 第3章 漁の始まり
  • 第4章 一網千両の夢
  • 第5章 鰊場に集まる人々と暮らし
  • 第6章 過ぎ去りし繁栄の記憶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鰊場育ち : 北海道泊村「一網千両」の記憶
著作者等 葛間 寛
書名ヨミ ニシンバ ソダチ : ホッカイドウ トマリムラ ヒトアミ センリョウ ノ キオク
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2012.1
ページ数 138p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7790-0781-1
NCID BB11509871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想