特集 現代社会とファシズム : 社会理論研究  第12号

社会理論学会【編】

[目次]

  • ファシズムの系譜学と現代の監視国家
  • 『みんなあなたのためなのよ』論は柔らかいファシズムか?-受動喫煙防止条例にみるパターナリズムと自己決定
  • デカルトの学問原理-幾何学的方法で構築された学問原理 第一部
  • 情報社会とメディア-媒介性の哲学としての四肢的構造論
  • ハーバーマス公共圏論再考-コミュニケーション的行為からミメーシスへ
  • アメリカの金融システムの変容と証券化の意味
  • 知的所有論-ジジェクのヘーゲル解釈を巡って
  • 山川均からみた構造改革論
  • 「最小不幸社会」と「熟議の国会」を目指して-菅直人首相の挑戦と挫折
  • 書評 川元祥一『部落文化・文明-差別で失なった価値群:この世界の全体像を誰も見ていなかった』御茶の水書房、二〇一〇年 「部落学」という新たな学知の誕生-歴史観の覚醒と自然観の再生へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 現代社会とファシズム : 社会理論研究
著作者等 社会理論学会
書名ヨミ トクシュウゲンダイシャカイトファシズム : シャカイリロンケンキュウ : 12
巻冊次 第12号
出版元 JRC
千書房
刊行年月 2011.12.10
ページ数 221p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-903295-60-2
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想