買収防衛とM&A判例集

長谷川 俊明【著】

会社法施行から1年、三角合併の解禁。また金融商品取引法(改正証券取引法)によるTOB規制の改正など、加速を続ける日本のM&Aについて裁判所はどのような判断を下しているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • M&Aと買収防衛(企業買収の方法
  • 友好的M&Aと敵対的M&A
  • 「敵」か「味方」かは誰が決めるのか
  • 敵対的企業買収はどのように行われるか
  • 敵対的買収の最大の武器はTOBである ほか)
  • 裁判例集(新株等発行差し止め
  • M&Aの関係者による法令、契約違反
  • M&Aに伴って提起された株主代表訴訟)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 買収防衛とM&A判例集
著作者等 長谷川 俊明
書名ヨミ バイシュウボウエイトエムアンドエイハンレイシュウ
出版元 レクシスネクシス・ジャパン
刊行年月 2007.9.20
ページ数 192p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-902625-05-9
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想