会社法の解剖学 : 比較法的&機能的アプローチ

クラークマン レイニア<Kraakman Reinier R.>;デイビス ポール<Davies Paul>;ハンスマン ヘンリー<Hansmann Henry>;ヘルティッヒ ゲラード<Hertig Gerard>;ホプト クラウス・J.;神田 秀樹;ロック エドワード B.【著】<Hopt Klaus J.>;布井 千博【監訳】

世界の会社法が共通して直面している問題を、法域を越えて横断的に概観し、解決策を探る。会社法分野の世界的に名高い名著の翻訳版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 株式会社法とは何か
  • 第2章 エージェンシー問題と法的戦略
  • 第3章 基本的なガバナンス構造
  • 第4章 債権者保護
  • 第5章 関連当事者取引
  • 第6章 重大な会社の行為
  • 第7章 支配権取引
  • 第8章 発行者と投資家保護
  • 第9章 解剖学を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社法の解剖学 : 比較法的&機能的アプローチ
著作者等 Davies Paul
Hansmann Henry
Hertig Gerard
Hopt Klaus J.
Kraakman Reinier R.
デイビス ポール
ハンスマン ヘンリー
ヘルティッヒ ゲラード
ホプト クラウス・J.
ロック エドワード B.
布井 千博
神田 秀樹
クラークマン レイニア
書名ヨミ カイシャホウノカイボウガク : ヒカクホウテキアンドキノウテキアプローチ
出版元 レクシスネクシス・ジャパン
刊行年月 2009.7.27
ページ数 323p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-902625-21-9
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想