作曲家・吉田隆子書いて、恋して、闊歩して

辻浩美 著

大正・昭和の激動期を、反戦と女性解放を掲げて生きた作曲家・吉田隆子。46歳の生涯を、時代の波に屈せず、自由奔放に生き、プライドをもって新しい音楽の道を突き進んだ。新たに発見された「病床日記」は、等身大の隆子の生活と音楽への希求を物語る。資料として、楽譜"カノーネ""蚤の唄"を収録。「生誕100年記念コンサート」から作品6曲をCDに収め、付録とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 吉田隆子の生涯と音楽(月日は待ってくれない、勉強しろ-隆子の生いたち(1910‐28)
  • 「男」と平等にあれ!我に勉学の自由を与えよ!-人形劇団プークからプロレタリア音楽同盟(PM)へ(1929‐34)
  • 嘘のない作曲を!嘘のない音楽を!-「楽団創生」の創立と活動(1935‐39)
  • ただ無性に書きたい!書きたい!念しきりなり-「病床日記」を読む(1940‐45)
  • 悩みや憤りや、喜びや悲しみを彼女たちに代わって-戦後の転換と創作への希求(1946‐56))
  • 吉田隆子「病床日記」
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作曲家・吉田隆子書いて、恋して、闊歩して
著作者等 辻 浩美
書名ヨミ サッキョクカ ヨシダ タカコ カイテ コイシテ カッポシテ
書名別名 Sakkyokuka yoshida takako kaite koishite kapposhite
出版元 教育史料出版会
刊行年月 2011.12
ページ数 149p
大きさ 21cm
付随資料 CD1枚 12cm.
ISBN 978-4-87652-517-1
NCID BB08552067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想