フォルクスワーゲンゴルフ : そのルーツと変遷

武田隆 著

世界累計生産台数2800万台以上の『大量生産とプレミアム性』を両立させるゴルフ。そのデザイン哲学と設計哲学の源流を「ドイツ・モダニズム」に探り、進化を重ねる合理的設計の変遷をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フォルクスワーゲンゴルフの源流
  • 第2章 フォルクスワーゲンの始まり
  • 第3章 ゴルフへのモデルチェンジ
  • 第4章 初代ゴルフの誕生
  • 第5章 ゴルフ3までの順当な進化
  • 第6章 「ゴルフ」に返ったゴルフ4
  • 第7章 21世紀のゴルフ、5と6

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フォルクスワーゲンゴルフ : そのルーツと変遷
著作者等 武田 隆
書名ヨミ フォルクスワーゲン ゴルフ : ソノ ルーツ ト ヘンセン
書名別名 Forukusuwagen gorufu
出版元 グランプリ
刊行年月 2011.12
ページ数 255p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87687-320-3
NCID BB08895245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想