西洋の中核としての中東  下

余部福三 著

「テロとの戦い」か、「テロへの戦い」か。中東の"実体"を知る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7章 世俗主義と民族主義の時代
  • 第8章 石油と天然ガス
  • 第9章 パレスティナ問題
  • 第10章 エジプト-世俗主義政府とイスラーム運動
  • 第11章 イラン-イスラーム革命
  • 第12章 イラク-反米英帝国主義の尖兵からアメリカ軍による占領へ
  • 第13章 アフガニスタン-ソ連軍侵攻とムスリム・ゲリラ
  • 第14章 チュニジア-継続する世俗主義独裁政権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋の中核としての中東
著作者等 余部 福三
書名ヨミ セイヨウ ノ チュウカク ト シテノ チュウトウ
巻冊次
出版元 第三書館
刊行年月 2011.12
ページ数 p375-636
大きさ 20cm
付随資料 地図1枚.
ISBN 978-4-8074-1002-6
NCID BB0612942X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想