塚本邦雄論 : 逆信仰の歌

笠原芳光 著

イエスとはなにか。塚本邦雄はそのイエスに多大の関心をおぼえるとともに、さまざまに想像して、短歌をつくった。渾身・膂力の評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 塚本邦雄論(夭折者への鎮魂曲-『水葬物語』
  • 内部の悪の自覚-『裝飾樂句』
  • 復活に関する疑問-『驟雨修辭学』『日本人靈歌』
  • 父母・生誕・婚姻への呪い-『水銀傳説』 ほか)
  • 続塚本邦雄論-逆信仰の歌(立ち去る音-『閑雅空間』
  • 麥熟るる-『天變の書』
  • あかとき昏し-『歌人』
  • はつなつの夕暮-『波瀾』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 塚本邦雄論 : 逆信仰の歌
著作者等 笠原 芳光
書名ヨミ ツカモト クニオ ロン : ギャクシンコウ ノ ウタ
書名別名 Tsukamoto kunio ron
出版元 砂子屋書房
刊行年月 2011.12
版表示 増補改訂.
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7904-1355-4
NCID BB08841508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想