3.11津波で何が起きたか : 被害調査と減災戦略

柴山知也 著

構造物だけではいのちを守れない。最後の砦の防潮堤が破壊され激流が町や人々を襲った。従来の研究を根本から問い直す巨大津波の実態。沿岸防災に必要なものは何か。十分な科学的根拠と地域の視点から将来に備える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 想定を超えた巨大津波
  • 第1章 岩手県のリアス式三陸海岸
  • 第2章 宮城県のリアス式海岸
  • 第3章 宮城県、福島県の低平地
  • 第4章 茨城県と千葉県
  • 第5章 今後の減災対策の展開-構造物だけでは人命を守ることはできない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3.11津波で何が起きたか : 被害調査と減災戦略
著作者等 柴山 知也
書名ヨミ 3 11 ツナミ デ ナニ ガ オキタカ : ヒガイ チョウサ ト ゲンサイ センリャク
書名別名 3 11 tsunami de nani ga okitaka
シリーズ名 〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ 004
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2011.12
ページ数 72p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-657-11304-7
NCID BB08039157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22182111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想