近代画説  20

明治美術学会【編】

[目次]

  • 第20号記念論考(油絵初学 明治十年前後-私的近況報告
  • 視覚型と触覚型
  • 台湾戦争図再々考
  • 藤島武二研究拾遺-「天平時代」および「東洋」の表現について
  • 一九三〇年代東京の展示空間とモダニズム-ギャラリー「ブリュッケ」について
  • 藤田嗣春(レオナール・フジタ)と日本画-あるいは、自画像の深層)
  • 公募論文(公募論文審査について
  • 藤岡作太郎と『古画備考』-明治期における江戸の書画情報の受容
  • 太平洋を渡る石膏像-ボストン美術館から東京美術学校への輸送記録
  • 柴田是真の漆工芸における「素彫」の意義
  • 鏑木清方と《曲亭馬琴》-第一回文部省美術展覧会の落選画に関する一考察)
  • 資料研究 新出の五姓田義松関係資料について-肖像・風景・実像
  • 研究発表(要約)(ルパシカを纏う人たち-大正から昭和初期の芸術家像
  • 日本製プロパガンダ・ポスターに関する調査研究について-中野区立歴史民俗資料館所蔵「須藤亮作文庫」を中心として
  • 女子美術学校・女子美術学校(一九〇〇-一九二九)における洋画教育
  • 幼学綱計画成立事情考-楓湖・芳柳(二世)・芳年とのかかわりをめぐって
  • 高島北海と下関市立美術館
  • 狩野芳崖筆、明治十年代の寿老人図について-道釈人物画における雪舟学習の成果と応用
  • 黒田清輝筆《昔語り》におけるフランス美術の影響)
  • 講演採録 チャールズ・ワーグマン再考-明治美術学会において発表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代画説
著作者等 明治美術学会
書名ヨミ キンダイガセツ : 20
巻冊次 20
出版元 明治美術学会
刊行年月 2011.12.10
ページ数 218,35p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-938740-78-8
ISSN 13437445
NCID BN12805477
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想