儒学復興 : 現代中国が選んだ道

永井輝 著

1949年に中華人民共和国が成立して以来、マルクス主義が中国思想界を席巻し、儒学の地位と影響力は著しく低下した。特に「文化大革命」(1966〜76年)の際には、儒学は旧思想の代表として猛烈に批判・攻撃され、孔子の故郷山東省曲阜市にある孔子像や孔子墓碑が破壊された。ところが、「文革」が終了して改革・開放政策が実施されると、一転して1980年代以降には儒学復興への動きが本格化して、遂に今日の隆盛を見ることとなった。この劇的な変化をもたらした経過と背景に関心を持った者が、中国語の諸資料を参照して調査を行い、その結果をまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 建国以後の孔子研究変遷
  • 第2章 一九五〇年代の儒学
  • 第3章 一九六〇年代前半の儒学
  • 第4章 「文化大革命」中の儒学批判
  • 第5章 「文化大革命」後の「儒学復興」
  • 第6章 「儒学復興」の政治的背景
  • 第7章 「中華美徳教育実験研究」の実施
  • 第8章 「儒学第三期発展」説について
  • 第9章 儒学とマルクス主義
  • 補章 中国儒学の研究分野

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 儒学復興 : 現代中国が選んだ道
著作者等 永井 輝
書名ヨミ ジュガク フッコウ : ゲンダイ チュウゴク ガ エランダ ミチ
出版元 明徳出版社
刊行年月 2011.12
ページ数 338p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89619-797-6
NCID BB0783658X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想