福澤諭吉と女性

西澤直子 著

明治の常識「女性は男性に劣る」に真っ向から反論し、生涯にわたり「男女平等」を公言するばかりではなく、個人としての生活でもその姿勢を貫いた福澤諭吉。彼の主張「独立自尊」と、女性の地位向上はどのように結びついたのか。私たちは、彼から何を学び取ることができるのか。関わった女性たちからの影響や、寄せられた多くの批判・反感にも触れながら福澤の真意を読み解き、今もなお古びることのない「近代人」としての肖像を、鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 福澤諭吉の女性論
  • 第2章 明治維新と士族女性
  • 第3章 「一身独立」する女性
  • 第4章 近代化構想と女性論
  • 第5章 人間交際としての男女交際
  • 第6章 私徳と男らしさ
  • 第7章 諭吉と錦
  • 第8章 最後の決戦
  • 第9章 福澤諭吉はどう読まれたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福澤諭吉と女性
著作者等 西澤 直子
書名ヨミ フクザワ ユキチ ト ジョセイ
書名別名 Fukuzawa yukichi to josei
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.12
ページ数 283, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1907-8
NCID BB07858844
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想