柳亭市馬の懐メロ人生50年

柳亭市馬 著

東西の落語界でいちばん歌が上手いのは誰?と聞かれたら、まず顔が浮かぶのが、柳亭市馬!懐メロを大胆に採り入れた『片棒』『掛け取り』でもおなじみの柳家の大看板が、50歳になる2011年、初めて書籍を上梓。三橋美智也だけでも300曲以上唄えるという市馬は、なぜこれほどまでに懐メロ歌謡曲にこだわりをもつのか…、そして歌がなければ、落語に開眼出来なかったかもしれないと綴る、その理由は?初めて綴られた、市馬、飛翔への真実。とくとご覧あれ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 懐メロ歌謡曲との出逢い
  • 第2章 剣道ひとすじの青春
  • 第3章 三橋美智也・春日八郎
  • 第4章 三波春夫・村田英雄・フランク永井
  • 第5章 岡晴夫-大好きな懐メロ歌手!
  • 第6章 落語の道をまっすぐに
  • 第7章 歌と古典落語の出逢い 市馬版『片棒』『掛け取り』誕生へ
  • 第8章 歌手デビュー!唄い続けます

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳亭市馬の懐メロ人生50年
著作者等 柳亭 市馬
柳亭 市馬
書名ヨミ リュウテイ イチバ ノ ナツメロ ジンセイ 50ネン
書名別名 Ryutei ichiba no natsumero jinsei 50nen
シリーズ名 落語ファン倶楽部新書 004
出版元 白夜書房
刊行年月 2011.12
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86191-846-9
全国書誌番号
22298266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想