"触"の思考 : 文学空間  08(2011)

20世紀文学研究会【編】

[目次]

  • 特集"触"の思考(闇と触れる(芳川泰久)
  • ナラティヴの時空-『ジェイン・エア』における過触の問題(浜川仁)
  • セザンヌの球の頂点と地平の中心(近藤耕人)
  • 村里にて(エリザベス・ビショップ・作
  • 小口未散・訳)
  • 衝突(堀田展造) ほか)
  • M.ヴァルザーの歴史小説『恋する男』-ゲーテ最後の恋の顛末(遠山義孝)
  • 快速船スウィフト号に乗る(酒井格)
  • ひと夏の報告(神品芳夫)
  • 枕石のこと(百瀬文雄)
  • 夕暮れの街で(榎本眞理子)
  • 壁にゆれる影(高橋よし子)
  • 体温(向島正喜)
  • 母の祭り(平井杏子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 "触"の思考 : 文学空間
著作者等 20世紀文学研究会
書名ヨミ ショクノシコウ : ブンガククウカン : 2011
巻冊次 08(2011)
出版元 20世紀文学研究会
風濤社
刊行年月 2011.12.15
ページ数 199p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-89219-351-4
NCID BB07884174
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想