板尾創路とピエール瀧の考える文化 : ハチ公はなぜ剥製にされたのか?

板尾創路, ピエール瀧 著

孤高の芸人・板尾創路と、孤高のミュージシャン・ピエール瀧が、忠犬ハチ公、ゴッホの「ひまわり」、修学旅行、映画、フェラーリ、オペラなど23の身近であたりまえにある文化を独自の視点で再検証した対談集。異才の想像力をお裾分け。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 忠犬ハチ公
  • ゴッホの「ひまわり」
  • ダルマ
  • 桃太郎
  • クリスマス
  • 修学旅行
  • お花見
  • 煙草
  • 宝くじ
  • ファミレス〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 板尾創路とピエール瀧の考える文化 : ハチ公はなぜ剥製にされたのか?
著作者等 ピエール瀧
板尾 創路
書名ヨミ イタオ イツジ ト ピエール タキ ノ カンガエル ブンカ : ハチコウ ワ ナゼ ハクセイ ニ サレタノカ
出版元 太田
刊行年月 2011.12
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7783-1287-9
NCID BB0778751X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想