漢詩を詠む日々

竹中淑子 著

漢詩との出会いが、人生を変える。「宿昔青雲の志、蹉〓(だ)たり白髪の年(青雲の志はならず、いつのまにか白髪の年になる。)」-しかし、嘆くばかりでもない。人生の経験は感性を豊かにし、書物の知性を深く受けとめることができる。若い時にはない楽しみも出てくる。その一つが、漢詩作りの楽しみ。自身のルーツや海外の旅先、愛読書の世界、閑適の日々を詠む漢詩と随筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 隠退(隠退
  • 「我がルーツ」調べ ほか)
  • 第2章 海外を詠む(イングランド
  • スコットランド ほか)
  • 第3章 愛読書を詠む(新・平家物語
  • 太平記 ほか)
  • 第4章 閑適を詠む(竹裏の茅舎
  • 故郷残照 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢詩を詠む日々
著作者等 竹中 淑子
書名ヨミ カンシ オ ヨム ヒビ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.12
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7664-1905-4
NCID BB07859494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想