危機管理とPPP : 公民連携白書  2011〜2012

東洋大学PPP研究センター【編著】

PPPにも失敗や限界はある。しかし、われわれがなすべきは、失敗しないPPP、限界を超えるPPPを生み出すことであり、時計の針を公共依存に戻すことではない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 公民連携の動き-2011〜2012年(危機管理とPPP
  • 公民連携の動き(公共サービス型)
  • 公民連携の動き(公共資産活用型)
  • 公民連携の動き(規制・誘導型)
  • 公民連携を取り巻く環境)
  • 第2部 東日本大震災と公民連携(公民連携はどう震災復興に役立つか
  • 震災復興から始まる新たな公民連携の展開
  • 震災復興と固定資産税・TIF
  • 大震災と情報通信
  • 米国の経験から見た日本の防災体制への提言
  • 震災復興と環境未来都市の構想
  • 企業財務の観点から見た原発賠償問題
  • 大震災後の日本のエネルギー戦略を考える-再生エネ法を手掛かりに)
  • 第3部 公民連携キーワード解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機管理とPPP : 公民連携白書
著作者等 東洋大学PPP研究センター
書名ヨミ キキカンリトピーピーピー : コウミンレンケイハクショ : 2012
巻冊次 2011〜2012
出版元 時事通信
時事通信出版局
時事通信社
刊行年月 2011.12.15
ページ数 177p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7887-1171-6
NCID BB08179655
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想