メディアの日本語 : 音声はどう伝えているか

長谷川勝彦 著

放送文化基金賞を受賞した著者の"いかに伝えるかの放送文化論"。映像と音声を通じ、ジャーナリズムに日々流通する言葉。それを音声で伝達する確かな技術。さらには、ナレーションが「どう表現する」か、について放送の現場から考察。メディアを"表現という行為の媒体"と捉えて、映像メディアの表現にナレーションという音声の表現から迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-書かれたことばを音声にするということ
  • 第1部 ニュースのアナウンス(文節読みでは伝わらない
  • わたしの一語理論
  • ジャーナリズムの音声
  • 意味・音・息の切れ目
  • 「が」と「は」のジャーナリズム
  • 音声化における大脳の働きと呼吸という生理)
  • 第2部 ナレーション(X君への手紙-ナレーション論へ向けて
  • ナレーションの原理
  • 実践的ナレーション論-五つのチェックポイント
  • 放送の現場から-ナレーションをめぐる議論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアの日本語 : 音声はどう伝えているか
著作者等 長谷川 勝彦
書名ヨミ メディア ノ ニホンゴ : オンセイ ワ ドウ ツタエテイルカ
シリーズ名 MANYO SHINSHO 004
万葉新書 004
出版元 万葉舎
刊行年月 2011.11
ページ数 308p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86050-063-4
NCID BB08034674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想