医療職のための臨床倫理のことば48

浅井篤 著

現代の小説、漫画、有名人のことば、歴史上の人物の発言から哲学者の名言まで、さまざまな出典からの48のことば。それらを水先案内にして、臨床倫理の諸問題について簡潔に考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 臨床倫理とは、患者ケアに関わる人々の日々の道徳的意思決定である-ダニエル・キャラハン
  • 人間性を、いつでもまたいかなる場合にも同時に目的として使用し、決して単なる手段として使用してはならない-カント
  • 私の人生は私のメッセージである-モハンダス・カラムチャント・ガンジー
  • 医者をほんとに信頼することができないのに、しかも医者なしではやっていけないところに人間の大きな悩みがあります-ゲーテ
  • 目的は手段を正当化しない
  • 医学、法学、ビジネス、工学…これらはすばらしい仕事であり人の生を維持するのに必要です。しかし、詩、美、物語、愛…私たちはそのために生きているのです-映画『いまを生きる』ジョン・キーティング
  • なぜ今頃になって目覚めなくてはいけないのか-レナード・ロウ
  • 死は限界状況である-カール・ヤスパース
  • 己れの欲せざる所を人に施すことなかれ-孔子
  • すべての立場に一理ある-アンソニー・ウエストン〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療職のための臨床倫理のことば48
著作者等 浅井 篤
書名ヨミ イリョウショク ノ タメノ リンショウ リンリ ノ コトバ 48
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 2011.12
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8180-1619-4
NCID BB07664611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想