日本法の論点  第1巻

笠原俊宏 編

[目次]

  • 日本国憲法と生命権
  • 公務員の政治活動の自由
  • 違憲収集証拠と取調べの可視化
  • 制度としての「裁判の公開」と人権の保障
  • 国際法学に基づく憲法第九条解釈の試み
  • 行政立法と解釈改憲
  • 租税法律主義と国税不服審判所の改革
  • 会計基準に対する法規定構造
  • 取調べの可視化に対する現状とその対応
  • おとり捜査の法的課題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本法の論点
著作者等 笠原 俊宏
書名ヨミ ニホンホウ ノ ロンテン
巻冊次 第1巻
出版元 文真堂
刊行年月 2011.11
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4727-8
NCID BB07615503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
おとり捜査の法的課題 宮木康博
わが国際私法における基本原則の今後の課題 笠原 俊宏
不動産商事留置権の成否 永田均
事情変更の原則における現代的判断基準 大山直樹
会計基準に対する法規定構造 長島弘
公務員の政治活動の自由 北村美穂子
公務文書とインカメラ審理 佐藤優希
制度としての「裁判の公開」と人権の保障 宮原均
取調べの可視化に対する現状とその対応 國田武二郎
国籍法の改正とその特質 関口晃治
国際法学に基づく憲法第九条解釈の試み 齋藤洋
国際私法における公序良俗 佐々木彩
国際私法の任意的適用性の決定基準 徐瑞静
少年刑事事件と裁判員裁判 今出和利
日本国憲法と生命権 嶋崎健太郎
有料老人ホームの入居一時金の返還 太矢一彦
未成年者の医療契約の締結能力と侵襲への同意能力 河原格
民事裁判とDNA鑑定 豊田博昭
法定訴訟担当としての取立訴訟 三谷忠之
独占禁止法における課徴金制度 多田英明
生殖補助医療に対する法的規制 池谷和子
白地手形における主観説と客観説の理論的検討 遠藤喜佳
租税法律主義と国税不服審判所の改革 横山和夫
組織再編における反対株主の株式買収請求権と「公正な価格」 河内隆史
船舶先取特権と準拠法 吉田愛
行政立法と解釈改憲 山下清兵衛
違憲収集証拠と取調べの可視化 川又伸彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想