生活科の理論と実践 : 「生きる力」をはぐくむ教育のあり方

木村 吉彦【著】

[目次]

  • 第1部 新しい生活科の姿-新学習指導要領から学ぶ(新学習指導要領改訂のポイント
  • 生活科の目標と内容
  • 内容(8)「生活や出来事の交流」の新設)
  • 第2部 生活科の教科特性-生活科の本質を探究する(幼児教育と小学校教育の違いと生活科
  • 体験を通して学ぶ意味
  • 生活科教師の今日的課題
  • 保育・生活科から総合的な学習へ
  • 科学的な見方・考え方の基礎を養う生活科
  • 生活科・総合的な学習の存在意義)
  • 第3部 魅力ある生活科実践-気付きの質を高め、自己肯定感を高める(気付きの質を高める生活科授業
  • 魅力的な生活科授業とは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生活科の理論と実践 : 「生きる力」をはぐくむ教育のあり方
著作者等 木村 吉彦
書名ヨミ セイカツカノリロントジッセン : イキルチカラヲハグクムキョウイクノアリカタ
出版元 日本文教出版
刊行年月 2011.11.10
ページ数 235p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-536-60046-0
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想