社会システム理論 : 不透明な社会を捉える知の技法

井庭崇 編著 ; 宮台真司, 熊坂賢次, 公文俊平 著

社会システム理論によって、現代社会のリアリティはどのように捉えることができるのだろうか?その知見を踏まえ、どのような未来をつくることができるのだろうか?本書は、そのような問いに対する答えを探求する思索の書である。気鋭の社会学者が、当代きっての論客を迎え、徹底討論。読者のリアリティに新たな知をプラスする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会をシステムとして捉える-社会システム理論入門(物事を捉えるフレームワークの進化
  • ルーマンの社会システム理論の全体像 ほか)
  • 第1章 社会を変える知と方法(実は二人とも映画監督になりたかった
  • ルーマンの社会システム理論の魅力 ほか)
  • 第2章 新しい時代のリアリティ(新しい学部と新しい方法
  • 原発からコカコーラまで-現場志向の社会学 ほか)
  • 第3章 情報社会のゆくえ(「戦前生まれ」の社会学者の歩み
  • 独自の社会システム理論構築への道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会システム理論 : 不透明な社会を捉える知の技法
著作者等 井庭 崇
公文 俊平
宮台 真司
熊坂 賢次
書名ヨミ シャカイ システム リロン : フトウメイナ シャカイ オ トラエル チ ノ ギホウ
シリーズ名 REALITY+
リアリティ・プラス
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.11
ページ数 334, 5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7664-1892-7
NCID BB07503747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想