唐物と東アジア : 舶載品をめぐる文化交流史

河添 房江;皆川 雅樹【編】

唐物とよばれる舶載品は、奈良から平安、そして中世や近世まで、どのように受容され、日本文化史に息づいているのだろうか。本書では、唐物交易の時代的変遷とその実態からみた異国との交流史、唐物を結節点とする漢と和の関係性への分析、人物とその権力の表象としての唐物の関係について美術品や歴史資料のみならず、文学資料も用いて明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「唐物」研究と「東アジア」的視点-日本古代・中世史研究を中心として
  • 日本美術としての「唐物」
  • コラム 唐物と日本の古代中世
  • 奈良時代と「唐物」
  • 上代の舶載品をめぐる文化史
  • 『万葉集』と古代の遊戯-双六・打毬・かりうち
  • 平安時代と唐物
  • 算賀・法会の中の茶文化と『源氏物語』-書かれざる唐物
  • コラム 唐物としての書物
  • 唐物としての黄山谷
  • 中世唐物再考-記録された唐物
  • 戦国織豊期の唐物-唐物から名物へlコラム 唐物と虚栄心の話をしよう!
  • 江戸時代の唐物と日蘭貿易
  • 琉球使節の唐旅と文化交流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐物と東アジア : 舶載品をめぐる文化交流史
著作者等 河添 房江
皆川 雅樹
書名ヨミ カラモノトヒガシアジア : ハクサイヒンヲメグルブンカコウリュウシ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2011.11.10
ページ数 196p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22613-0
NCID BB07308333
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想