ワシントン北朝鮮人権委員会拉致報告書 : めぐみさんは生存している可能性がある

チャック・ダウンズ 編 ; 鈴木伸幸 訳 ; 植田剛彦 監修

北朝鮮による拉致問題は日本だけの問題ではない。韓国やレバノン、マレーシアなど14カ国もの外国人が拉致された可能性が高く、世界的な規模の人権問題である。この問題を、米国の外交政策に影響力を持つ、ワシントンに本部を置く人権団体「北朝鮮人権委員会」が包括的にまとめた報告書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による外国人の拉致
  • 第1章 北朝鮮の罠にはめられた外国人
  • 第2章 北朝鮮に自発的に入り、拉致された外国人
  • 第3章 拉致被害者の北朝鮮における扱い
  • 第4章 北朝鮮は拉致被害者をどのように利用したのか
  • 第5章 拉致を実行した組織
  • 第6章 あとに残された家族も犠牲者 愛する者の理由なき失踪
  • 第7章 北朝鮮による拉致事件の法的問題
  • 第8章 結論と提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワシントン北朝鮮人権委員会拉致報告書 : めぐみさんは生存している可能性がある
著作者等 Downs, Chuck
植田 剛彦
鈴木 伸幸
Gilbert Kent
ギルバート ケント
ダウンズ チャック
書名ヨミ ワシントン キタチョウセン ジンケン イインカイ ラチ ホウコクショ : メグミ サン ワ セイゾンシテイル カノウセイ ガ アル
書名別名 Taken!
出版元 自由社
刊行年月 2011.11
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-915237-66-9
NCID BB07726694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想